男性のハピメ攻略方法を学んで行動しよう

無料登録で出会いを楽しもう

簡単1分!ハッピーメール無料会員登録

ターゲットを絞る

まずは出会いのためのターゲットを絞ります。
闇雲にメッセージを送っても非効率。
確実に出会える相手を狙い、ピンポイントでアプローチを仕掛けます。
では、どのような女性を狙うべきなのか。
答えは30代の女性です。
30代の女性に狙いをつけるだけで、出会いの成功率はグングンと上昇します。
もちろんそれには理由となる裏付けがあります。

女性の性欲がその答えです。

男性の性欲のピークは10代後半から20代前半ですが、女性の場合性欲のピークは30代中盤から後半にかけて訪れます。
40歳を超えると妊娠が難しくなるので、30代後半が子供を産む最後のチャンス。

なので、この年代の女性はまさに盛りがついた状態です。

にもかかわらず、世の男性たちは若い子に群がりこの年代の女性のことをないがしろにしています。

ハッピーメールでも、アプローチが集中するのは20代ばかり。
30代の女性はいろんな意味で欲求不満を常に抱えているのです。
欲求不満の女たちは、ますます相手を求めて日々出会い系をさまよい歩いています。

私はそこに手を差し伸べるだけですね。

競争率が低いので、容姿に自信がない人でも出会いのチャンスは十分ありますよ。
性欲がピークを迎えて発情中の30代女性を集中的に狙うことは、出会い系攻略の鉄則です。

 

食事という口実を作ってあげる

ターゲットの女性を絞り込んだら、私は必ず食事やお酒が飲める場所に誘い出します。
メッセージには「一緒に食事でもどうでしょうか、もちろん奢りますよ」という文句を必ず入れます。

名付けて、食事で女の子を一本釣り大作戦です。

女性は食べることが大好きです。
特にオシャレなバーやレストランには目がありません。
文字通り食事を餌にして女の子を誘い出し、そのまま一気に夜の一本釣りを決めちゃいます。
出会いサイト上で、ただ「連絡先を交換してください」と書くよりも、「食事に一緒に行きたいです、なので連絡先を教えてください」の方が効果的です。
食事を奢ってくれるなら会ってみてもいいかな、と女性のガードを下げることが出来ます。

なにより、食事という目的がある方が女性としても返事がしやすいでしょう。
漫然と目的がないやり取りを続けるよりも、目的となる明確なニンジンをぶら下げてあげる方がよい返事を期待できるものです。
一度直接会ってしまえばもうこっちのものです。
美味しいものを食べてお酒が入れば楽しい気分になります。
オシャレなお店に二人きりで食事をしていれば、勝手に良い雰囲気が出来上がります。

食事中の会話やホテルに誘い出す文句など考える必要はありません。
食事は女性をデートに誘い出すキラーワードなのです。

 

業者に引っかかった体験談

私は昔から顔がフツメンで突出した特技も無かったため、女性に全くモテませんでした。
社会人になっても彼女が出来なかったので、私はおもいきって大手出会い系サイトである「ハッピーメール」で彼女を探す事に!
女性に会う為に、私はしっかりとプロフィール項目を記入し、プロフィール写真もかなり凝ったものを載せました。

当時の私は出会い系サイト初心者だったので、口コミサイトでハッピーメールの攻略法を調べると「掲示板を使うべし!」と書いてあったので、私は早速、掲示板を使って女性と出会う事に。

当時の私はとにかく性欲がかなり溢れていたので、ピュア掲示板では無く大人の掲示板に「26歳の〇〇県住みの男性です!出会い系サイト初心者なので、あまり使い方が分からないですが仲良くなってくれる女性がいたら是非とも会いたいです!」と書き込みをしました。

書き込みをした翌日。ある女性からメッセージが返ってきました。
メッセージの内容は「初めまして~。私も茨城ですよ~。〇〇さんの顔めっちゃタイプなので仲良くなりたいな~」というもの。

私は女性からメッセージが返ってきてかなりハイテンションになりました。

女性のプロフィールを見ると年齢は21歳の学生。プロフィール写真もモデル並みに可愛くて「これは逃がさないぞ!」と感じ、早速女性に「こんにちわ!〇〇さん顔カワイイですね!学生さんなんですね。勉強とか忙しそうですね」と返信。

すると女性から「そうだねー。そんな事よりも、早速連絡先を交換して会おうよ。私Hがしたいの」というメッセージが返ってきました。

私は勿論OKを出して、連絡先を交換。
初めはメールで喋り合って、次は電話で話そうとしたのですが、女性は「電話は苦手だから嫌だ」と謎の発言。

私はメールはOKで電話がNGなのは怪しいと感じたのですが、人それぞれなので、あまり突っ込みませんでした。

そして女性から「ねえねえ、次の土日のどっちか遊ぼうよ。Hしたい!」と来たので私たちは次の土曜日に実際に会う事に。

デート当日。私は「あんな綺麗な子とH出来るなんて最高じゃないか!」と感じながら待ち合わせ場所に行くと、そこには誰もいない。

私は集合場所に10分遅れて行ったのですが女性がいなかったので「良かったー。向こうも遅刻か~。怒られないで済むわ」と一安心。
少し経つと、ある女性から「〇〇さんですよね?こんにちわー!」と声をかけられました。

声をかけてきたのは、太った見知らぬ20代後半の女性

私は「はい、〇〇ですけど、なんで名前を?」と聞くと「ハッピーメールでお世話になっている〇〇ですよ!プロフィール写真と顔が違くて申し訳ないです」と一言。

私は「ふざけるな!俺は美女と会えるから来たんだ!」怒りを感じ、その場から猛スピードで去りました。

家に帰り「出会い系サイト 女性 別人」と検索をしたら「援デリ業者」に騙された事が分かり愕然。

それ以降、私はピュア掲示板をメインに使うようになりました。

タイトルとURLをコピーしました